タイ全土で行われる、
旧正月祝いの国民的行事

タイにおける旧正月であり新年に行われる国民的行事。もともとは家族で集まり、水を使ってお清めを行う行事が中心だったが、のちに都市部を中心に水をかけあう祭りに発展。「水かけ祭り」の名称で世界的に知られることに。現在、政府によって4月13日から15日に固定されており、祝日になっている。

「楽しい祭りは、大抵よごれる?」

この連載では、そんな問いかけを検証すべく、日本と世界の知られざるよごれるけど楽しいお祭りを紹介していきます。
今回のお祭りは、タイ全土で行われる「ソンクラーン」。日本のお正月は1月1日〜3日ですが、タイの暦ではお正月は4月13日〜15日。現在祝日に設定されているこの3日間は、大半のお店がお休み。この時期は自分の故郷へ戻り家族と過ごしたり、旅行に出かけたりというのが定番なのですが、もう一つ大きな「祭り」がタイでは行われます。
それが、この水かけ祭り「ソンクラーン」です!

もともと、ソンクラーンは仏像や、僧侶・両親・目上の人の「手」に水をかけてお清めをし、新年のお祝いの言葉をいただくという風習だったといいます。ところがこれがいつのまにか、「水をかける=相手に敬意を払う」ということへと発展し、バンコクなどの都市部や人の集まるところを中心に、無礼講の水かけ祭りへと発展!今では、このお祭りを楽しむために世界中から観光客が集まるほどの一大イベントになりました。

歩いていても、バスやバイク、タクシーに乗っていても、水から逃げることはできません。バケツで、ホースで、容赦なく浴びせかけられる水、水、水!

以前はバケツが主流でしたが、ここ10年ほどは水鉄砲でかけあうのが流行に。
ソンクラーンが近づくと、屋台やデパート等で大型の水鉄砲が山ほど売られるようになるのが今や風物詩なのだそう。

一応、電車・駅の中、寺院、デパートなど営業している商店の中などは水かけNG。逆に言うと、「それ以外はどこでも水をかけられてしまう」ということ。
たとえ、ホテルに泊まっていても、ホテルのフロントの従業員が喜々として水鉄砲で狙ってくる、そんなのも当たり前。一歩ホテルの外に出たなら、大通りに出るまでにびしょ濡れになることは間違いなし。歩いていても、乗り物に乗っていても、びしょびしょに!

「マイペンライ(=タイ語で『大丈夫、問題ない』という意味)」の精神、これがソンクラーンを楽しむポイント!

「4月はタイの一番暑い時期。いくら濡れてもあっという間に乾くし、むしろ気持ちいいくらい!」

また、もっとも祭りが加熱するスポット、バンコクのシーロム通りやカオサン通りでは巨大な放水車や泡発生器が投入され、爆音の音楽とともに「泡パーティー」状態になることも。
地面が相当ドロドロになるので泥水がはねたり付いたりで、よごれること必至!マイペンライ!

「ソンクラーンでは泡とか泥とか、色々よごれるけど超楽しい!!」

「とにかく無礼講!警察官を水鉄砲で撃てる唯一の期間!」

参加する場合は、何よりも「濡れてもよごれてもいい格好」で。
スマホやカメラはビニール袋に入れるか、防水用ケースでしっかり防備。洋服の下は水着を着ておくと透けたりしないのでより安心です。
また、カオサン通りなどは酔っ払って水をかけ合う若者も多いため、事故などには気をつけて。

バンコクなど規模が大きくなる都市は期間が長く12日〜15日で行われるなど、地域によって違いはあるようです。近くなったらリサーチしてみて、ぜひ、びしょ濡れになってみてください!

[よごそう祭りレーダーチャート][よごそう祭りレーダーチャート]

※よごそう祭りの感じ方には個人差があります。

SHARE THIS PAGE

Back Number